• ホーム>
  • フラワーパークとは?/園の歴史

フラワーパークとは? 園の歴史

団体昼食・入園予約

四季折々のお花を眺めながら
季節のお料理をご堪能ください

8つの花の季節 SEASON OF FLOWERS

四季折々「花の楽園」 数百株の
花木が8つの季節を美しく彩ります!

What is Ashikaga Flower Park?

あしかがフラワーパークとは?

あしかがフラワーパークとは?

 栃木県足利市堀込町に 「早川農園」 として1968年に開園。以来 「250畳の大藤」 として愛されておりましたが、都市開発の為 1997年に現在の足利市迫間町 ( はさまちょう ) に移設し、「あしかがフラワーパーク」 としてオープンしました。元々湿地帯だった場所に移設した為、園内には 250トン を超える量の炭を敷き詰め、土壌の浄化、活力を高め、すべての生命体の活性化を図りました。園内の拡張整備も進み、現在は 94,000㎡ の敷地面積となっています。
 園のシンボルである大藤は日本の女性樹木医第一号である塚本こなみ氏によって移植され、大藤(当時樹齢130年)の移植は前例がなく常識を超えた移植プロジェクトに全国から注目を集め、日本で初めての成功例となりました。
 大藤 4本 ( 野田九尺藤 3本、八重黒龍藤 1本 ) と 80m におよぶ白藤のトンネルは栃木県天然記念物に指定されており、これらが見頃を迎える 4月中旬から 5月中旬の 1ヵ月間は 「ふじのはな物語~大藤まつり~」 が開催されます。また10月下旬より開催されるイルミネーション 「光の花の庭」 は夜景コンベンションビューローが認定する関東三大イルミネーションに選ばれ、2016年には全国4,800名の夜景鑑賞士が選ぶ全国イルミネーションランキングにおいて、イルミネーション部門で全国1位を獲得。
 四季折々、数多くの花々で彩られており年間で 100万人 以上の来園者が訪れます。


 季節は、それぞれの景色、表情を写し変えていきます。花や木はその舞台の主役です。
あしかがフラワーパークは、花や木を通してその季節感あふれる庭を園内につくりこんでいます。
 ここには藤の花という柱があります。うすべに藤、むらさき藤、白藤、きばな藤、開花を少しずつずらしながら、その絵巻物語を演じつづけます。

〜1年に8つのテーマをつくりました〜
  • 1 早 春
  • 5 ブルー&ホワイトガーデン
  • 2 春の花祭り
  • 6 水に浮かぶ花の妖精たち
  • 3 ふじのはな物語
  • 7 パープルガーデン
  • 4 レインボーガーデン
  • 8 光の花の庭

あしかがフラワーパークの歴史


トップにもどる