あしかがフラワーパーク

入園・閉園時間はこちら アクセス方法はこちら

この度の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興を祈念いたします。

あしかがフラワーパーク開花情報

あしかがフラワーパークサイト内の「パーク便り」では、季節ごとの開花情報を写真と共にお伝えしています。

パーク便りはこちら

あしかがフラワーパーク ふじのはな物語とは?

約9万2000平方メートルの園内に四季折々の花が咲き乱れる花のテーマパーク。園内は数多くの花々や植物で彩られており、4月中旬~5月上旬頃が藤が見ごろで「ふじのはな物語」が開催されます。
栃木県の天然記念物にも指定されている、樹齢145年を越える600畳敷の大藤棚3面、世界でも珍しい八重の大藤棚、長さ80mもの白藤のトンネル、きばな藤のトンネル、そしてスクリーン仕立てで池に映る水鏡効果の藤など、350本以上の藤が咲き誇りこの世のものとは思えない程の息をのむ美しさです。
また、ライトアップ期間もございます。

ふじの花スペシャルコンテンツはこちら


ふじのはな物語で見られる藤を動画でご紹介

大藤 開花時期:4月下旬~5月上旬 白藤 開花時期:5月上旬~5月中旬 きばな藤 開花時期:5月上旬~5月中旬
壮大に広がる鮮やかな紫色の藤棚。
15年前72平方メートルだったのが、今では10倍以上の2,000平方メートルにも拡がり世界一美しい藤と言われるほどになりました。
是非、この美しく幻想的な藤の世界をお楽しみください。
長く続く、純白の白藤トンネル。
80mのトンネルを歩いている間、あなたを
甘く優しい香りに包みます。
是非、この幸せの道を皆様でご体感ください。
異国の雰囲気ただよう、黄色のきばな藤。
4月から続く 「ふじのはな物語」 の最後を飾る花。
太陽の下、約200本のきばな藤が皆様を迎えます。

栃木県指定天然記念物の藤

樹齢145年を超える、栃木県指定の重要文化財天然記念樹 世界でも珍しい八重黒龍の藤棚 白藤トンネル幻想的な夜の藤
平成8年2月、当園の主人公大藤棚の4本が足利市朝倉町から20kmの移送の上、現迫間町に植栽されました。 そして15年の歳月が流れ、多くのご来園の皆様に愛されて参りました。 日本隋一の八重藤と言われ、最も香りが強い藤。
少し遠くから見るとブドウの房の様にも見え、
皆様に愛される藤です。
3番手に咲く白藤。
気品と香りが漂う長さ80mの花のトンネル、
幸せの道。

あしかがフラワーパークへのアクセス

北関東自動車道全線開通、あしかがフラワーパークへのアクセスが便利に!

北関東自動車道は、群馬県高崎市から茨城県ひたちなか市に至る全長約150kmの高速道路です。群馬、栃木、茨城3県の主要都市並びに茨城港を結び、東京から100km~150km圏を結ぶ環状道路を形成します。

■東北自動車道より
・佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)

■北関東自動車道より
・太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)
・足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
・佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)
※カッコ内の所要時間は平常時の目安です。

アクセス詳細はこちら


あしかがフラワーパーク施設のご案内

レストランウェステリア 花売場 おみやげ売場 オリジナルショップ
200名収容の大型レストランとなっており、レストラン内からは、四季折々の花の庭園を眺めながら、限定藤御膳やみかも牛を使った御食事、新鮮な生ビールなどをお楽しみ頂けます。 お花売り場では藤の苗木を始め、バラなど季節のお花を多数取り揃えております。また、母の日のプレゼントに最適なカーネーションやアレンジバスケットなどお求めやすい価格にて取り揃えております。 あしかがフラワーパークオリジナルの商品や自家製の名物「ふじのはな物語」「藤まんじゅう」、歴史と伝統の街あしかがの銘菓やおみやげなどを豊富に揃えております。 当園の藤の花びらで染めた藤染めの商品や、かわいらしいオリジナルの藤の香り雑貨などを多数取り揃えております。

あしかがフラワーパーク概要 季節は、それぞれの景色、表情を写し変えていきます。花や木はその舞台の主役です。あしかがフラワーパークは、花や木を通してその季節感あふれる庭を園内につくりこんでいます。

入園・閉園時間はこちら アクセス方法はこちら