Location:


ふじのはな物語 4月中旬〜5月中旬

ふじのはな物語

藤と言えば日本古来の花木と言われ、万葉集にも歌われています。
その日本を代表する原種・野田藤、色ごとに、うすべに藤、むらさき藤、長藤、八重の藤、白藤と順に花を先送ります。最後は日本では栽培が難しいと言われているきばな藤(マメ科キングサリ属)と1ヶ月以上も藤の花がお楽しみになれます。
600畳敷の大藤棚3面と世界でも珍しい八重の大藤棚、庭木仕立ての藤、80mにも渡って続く藤の花のトンネル(白藤、きばな藤)、そしてスクリーン仕立て、池に映る水鏡効果の夜の藤達と、この世のものとは思えない程の息をのむ美しさです。

うすべに藤

4月中旬、最初に開花するうすべに藤が見頃を迎えます。 全国各地に販売されています紅藤(園芸改良品種)とは異なり、野田藤の淡い40cm程のやさしい藤の花です。 ふじのはな物語の開園を告げる藤です。この頃、大藤も数輪開花し始めます。

むらさき藤

藤と言えば紫と言われる程です。
野田藤の40〜50cmの花房の藤、棚と違い当園オリジナルな仕立て方、芸術の域までに達したと言われる程のアート性を持つ一株一株、固体が違うかの様に色目の違い(紫、青系紫、空色系紫と)まで伝わり、その美しさが強調されています。

大藤

平成8年2月、当園の主人公大藤棚の4本が足利市朝倉町から20kmの移送の上、現迫間町に植栽されました。 そして10年の歳月が流れ、多くのご来園の皆様に愛されて参りました。 10年前72uの藤棚も10倍以上の1,000uにも拡がり、世界一美しい藤と言われるほどになりました。 この生命力と美しく幻想的な世界をお楽しみいただければと存じます。

白藤

3番手に咲く白藤。
白藤トンネルの前にたたずむお客様の声、
「うわーきれい、すごくきれい」の声、声、また声。
ほかの言葉が見つからない程のきれいコール、作って良かったと最も感じさせていただける瞬間です。甘く、やさしい香りに包まれて歩く80mにも及ぶ白藤のトンネル、幸せの道。

八重の藤

八重黒龍藤。野田藤系の黒龍藤の突然変異と言われる八重藤です。
日本随一の八重藤と言われ最も香りが強い藤、 少し遠くから見るとブドウの房の様にも見え、皆様に愛される藤です。 園内の最も中心にある藤棚では「初めて見ました」と言う声の連続です。

きばな藤

日本に来たのが昭和40年代と言われるキングサリ属ボッシー、オーストリアとスイスに分布すると言われています。
キングサリ属の中では最も大きな花と長い花房を兼ね備えた花。日本の別名「きばな藤」をとって当園では「きばな藤」と称しています。日本唯一の80mに渡って続くきばな藤のトンネル、5月から咲きふじのはな物語の最後の花。
約200本の「きばな藤」は5月20日過ぎまでお楽しみいただけます。


花の咲き具合によって、入園料の変更がございます。 詳しくはこちらをご覧ください。

当園への交通・アクセスはこちらをご覧ください。



  • あしかがフラワーパーク
    交通・アクセス

COPYRIGHT (C) 2006 ASHIKAGA FLOWER PARK. ALL RIGHTS RESERVED.