スタッフ日記

スタッフ日記

2020.08.29

暑い夏と秋の準備

皆さんこんにちは!
今回から新しくスタッフ日記のメンバーになりました。
パーク管理部の髙山です。
至らない点など多々あるかと思いますが、これからよろしくお願いします!


まだまだ暑い日が続いています。
園内の熱帯スイレンなど、水辺の植物を見ると涼しい気持ちになりますね。






園内では、この時期サルスベリが満開を迎えています。
サルスベリは「百日紅」とも呼ばれ、初夏から秋まで長い期間で花を咲かせます。
樹皮が白くツルツルしているのも特徴的ですね。
また、猿も滑ってしまいそうなほどツルツルしてる様子からこの名前が付けられたそうです。
本当に滑ってしまうのでしょうか?いつかみてみたいですね(笑)






園の中央辺り、四季彩のステージにはスモールジャングルが登場しています。
たくさんの熱帯植物が並んでいて、中でも僕のおすすめはウツボカズラという食虫植物です。
特徴は何といってもこの袋ですよね。実は葉が成長して、このようにツボ型の袋を作るらしいです。
この袋の中には消化液があり、甘い香りを発して虫などを集めます。そして袋の中に落ちてしまうと脱出することが難しく
消化液で分解されてウツボカズラに吸収されていきます。。。ゾッとしますね(笑)
興味がある方は是非ウツボカズラの中を覗いてみて下さい!






園内の花壇では、ポーチュラカやマリーゴールドなど見ているだけで明るい気持ちになれる色鮮やかな花がたくさん咲いていました。






そして、秋に向けて、アメジストセージを綺麗に咲かせるための誘引作業を行っています。
台風などで倒れないように、一つ一つ丁寧に縛っています。



アメジストセージの見頃は、10月上旬から11月中旬になります。お楽しみに!





そういえば、本日、入口に入ってすぐのフラワーステージで写真を撮っていたら、足元で金魚が泳いでいました。
可愛いですね(^-^)






他にも、園内には植物の他に様々な生き物がいます。
池を泳ぐコイ、通路を横切るトカゲ、花の蜜を吸うチョウなど
観察をしていると面白い発見があるかもしれません。
フラワーパークに来た際は是非、このような生き物達にも目を向けてみて下さい(^^)/

皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちいたしております!


次の記事
2020.08.21

水分補給はしっかりと

皆さま、こんにちは。
今回から新しくスタッフ日記のメンバーに加わりました、パーク管理部の齋藤と申します。
園内の様子や魅力溢れる花たちをたくさんお届けできるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。



今週も暑い日が続いていますね。地面がすぐに乾いてしまうため、我々スタッフも一丸となって園内の水管理を行っています。
その甲斐あってか、植物たちは日光を浴びてより一層すくすくと元気に育っているようです。






フラワーステージのスイレンは水面いっぱいに葉を広げ、色とりどりの花もより一層華やかさを増しているようです。
夏らしくも涼しげな光景となっていますので、園内にお越しの際は是非間近でご覧になってくださいね。







また、あちこちで藤の返り咲きが見られます。返り咲きとは植物が本来の開花時期から外れたシーズンに花を咲かせる現象のことで、狂い咲きとも言います。
こんなに暑い中花を咲かせる元気があるなんてすごいですね!春に咲く藤の花とはまた違った美しさを味わうことができます。


園内にはまだまだ多くの花が咲いていますので、ここからは我々を爽やかな気分にしてくれる花をひとつひとつ紹介していきたいと思います。

花が風に揺れる様子は、暑い夏にひと時の安らぎを与えてくれますね。



ブルーサルビアはボリュームたっぷりで、爽やかな色合いながらも夏の花壇を賑やかにしてくれます。





クレマチスは白や青系統の落ち着いた色が多く、花の形もなんとなく涼しげですね。


続いて強い日差しの中でも元気に咲いているエネルギッシュな夏花壇の花を紹介します。



ポーチュラカは色彩豊かで、見ているだけで明るい気分になります。



ジニアは花の色や形がまるで小さな太陽のようですね。



センニチコウも空に向かって元気に茎を伸ばしています。
これらの花はどれもお花屋さんで販売されています。是非チェックしてみてくださいね。



サルスベリは満開を迎え、深い緑と鮮やかなピンクのコントラストがとても美しいです。





こちらはクロデンドロム・ブルーウィングという名前の植物です。花の形が蝶のようでとてもかわいらしいです。
ローズガーデンに咲いていますので、お立ち寄りの際は探してみてくださいね。


初めてのスタッフ日記、お楽しみいただけたでしょうか?
書いている間緊張でいっぱいになってしまいましたが、少しでも園内の魅力が皆さまにお伝えできていればうれしいです。
皆さまも熱中症などにはくれぐれもお気を付けください、健やかな日々を過ごせるよう願っています。

たくさんの花々と共に、スタッフ一同皆さまのご来園を心よりお待ちしています。

ありがとうございました。次回もまたよろしくお願いいたします。





 
前の記事次の記事
2020.08.13

夏にも負けるな

みなさんこんにちは!
今日からスタッフ日記の新しいメンバーになりました、パーク管理部の大橋です。まだ、わからないことだらけで不安しかありませんがこれからよろしくお願いします。


ここ最近暑い日が続いておりますがみなさんはいかがお過ごしですか?
私は、毎日太陽に負けない様、早寝に取り組んでます。体力補充中です…。

今日の園内の天候は、こんな感じです。太陽が顔をだしてこっちを見ています…時々雲が顔をだしてくれるので少しだけ暑さがやわらぎます。



今園内では、「水辺に浮かぶ花の妖精たち」でスイレンが見頃を迎えています!
最初に比べて株にも花にもボリュームがでてとても見応えがあります。





スイレンの写真を撮っているとトンボとミツバチが出現!
思わずパシャリ……!

もう少し奥に進みますと、四季彩のステージというところがあります。
そこには…



ジャングルへの入り口が…!





この場所だけ別世界に来た感覚になってしまいます。とても迫力満点です!


そして、夏といえば青色!園内には青色カラーの花が沢山咲いています。



~ブルーサルビア~



~アメリカンブルー~



~アンゲロニア~
この3種の花はこの時期の暑さにもたえ、太陽の日差しにも強い!ぐんぐん成長してくれます。青くて涼しげな印象もいいですね。

青系以外にも見られる花は、こちらです!↓



~マリーゴールド~



~スーパーランタナ~
マリーゴールドもスーパーランタナも暑さに強く育てやすい花になっています。マリーゴールドは、それだけでもインパクトがあり目をひく存在です。
スーパーランタナは小さい花をぷくぷく咲かせてくれます。小さく咲く花も可愛いらしいですね。

フラワーパークでは、8月16日(日)まで「夏休みこどもウィーク」を開催致しております。









くじ引きやユーターンボウリング、射的などお子様が楽しめる縁日が沢山あります。わたあめやチョコバナナ、ラムネといった夏を感じられる食べ物も味わえます。コラボ商品やガチャガチャなどもありますのでぜひ足を運んでみて下さい。

スタッフ一同みなさまのお越しをお待ちしております。


前の記事次の記事
2020.08.08

夏本番

みなさま、こんにちは。そして、初めまして。
本日より新しくスタッフ日記メンバーに加わりました、
パーク管理部の原澤と申します。
若輩者ではございますが、これからどうぞ、よろしくお願いいたします。


さて、梅雨も明け、暑い日々が続いておりますが、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
パークの植物たちは暑さに負けまいと今日も元気に花を咲かせております。





こちらは庭木でお馴染みの「サルスベリ」
漢字では『百日紅』と書き、その字の通り秋近くまで花を楽しむことが出来ます。
一方『猿滑』とも書くのですが、じつのところ、猿はするする登れるそうです。





「バラ」はサイズこそ小さいものが多いですが、元気に綺麗な花を見せてくれています。



こちらは「オオバギボウシ」といい、園内各所で点々と咲いています。
写真は園芸種ですが、原種のオオバギボウシは、
地域によって「ギボウシ」「ウルイ」「タキナ」などの名前で、
若芽や若葉が山菜として利用されています。



こちら、お盆の花として知られる「ミソハギ」です。
漢字では『禊萩』と書きます。
お盆や祭り事に良く使う花で、『精霊花』とも言います。
とても可愛らしいので、ぜひ園内で見つけてみて下さいね。


さて、ここからは花壇で見ることのできる花をご紹介します。



こちらは「フロックス」。和名では「クサキョウチクトウ」と言います。
フロックスの仲間は67種と非常に変化に富んでいて、
大きく伸びるものから、岩場に張り付くものなど。
強い毒をもつ「キョウチクトウ」とは違い、毒性はないようなので安心してくださいね。
ちなみに「フロックス」はハナシノブ科
「キョウチクトウ」はキョウチクトウ科です。







続いて「ポーチュラカ」。
葉や茎が多肉質でとても可愛らしいです。
種類が豊富なので、お気に入りの花を探してみて下さい。



こちらは「インパチェンス」。
半日陰が好きな、夏らしいお花です。
先月、切り戻しをしたので、今は花がとても旺盛です。





こちらは「アンゲロニア」
寄せ植えに向いた、株が小さめのものから、花弁が二色づかいの株が大きめのものまであります。


次に、園内に植えられている「熱帯スイレン」。







梅雨があけ、太陽の光を存分に浴びて、たくさんの花を咲かせてくれるようになりました。


また、フラワーパークでは 8/8(土)~ 8/16(日)までの間、
『夏休みこどもウィーク』と題しまして、ミニイベントや手作り体験、
小さな縁日を開催しております!



新型コロナウイルス感染予防対策に力を入れて、みなさまに安心して
楽しんで頂けるよう、スタッフ一同、頑張っています。
詳細はこちらをどうぞ!http://www.ashikaga.co.jp/news/details.php?id=527

ちなみに



園内のあちらこちらでセミの抜け殻を見つけました。
中には、「どうしてそこで羽化したの(;'∀')」と思うような、
面白い場所で見つけることもできますよ。



いかがでしたでしょうか?
初めてのことでかなり緊張しましたが、みなさまに少しでも楽しんでもらえたのなら幸いです。
これからも精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

これから、まだまだ暑さは続きます。体調管理には十分にお気を付けてお過ごしくださいませ。
たくさんの花々とスタッフ一同、みなさまのご来園を心よりお待ちしております。



僭越ながら、最後に一句

【空高く 命燃やして 蝉は鳴く】



ありがとうございました。(*^_^*)
前の記事次の記事
2020.08.01

青空



久しぶりの青空!

皆さんこんにちは。
パーク管理部の鈴木です。

ここ足利は気持ちの良い快晴となりました。
少し遅い夏の始まりですね。

というわけで夏らしい熱帯植物エリアをご紹介です。



園の中央あたり、四季彩のステージにスモールジャングルが登場しました。
大木のアカメヤナギにディスプレイされた植物たち。
なんだかわくわくした気持ちになります(^-^)



グズマニア。
カラフルな色合いが目を惹く、夏らしい熱帯植物です。
色持ちが非常に良いので数か月楽しむ事ができます。



ハート型が可愛らしい、アンスリウム。
こちらもトロピカルな雰囲気で夏を感じさせます。



ウツボカズラ。
蔓の先にぶら下がるのは捕虫袋です。
袋の中に消化液が含まれたお水が入っていて、それで虫を消化し栄養をもらっています。是非覗いてみてください。



銀髪のようなこの植物は、ウスネオイデス。
エアープランツと言って、空気中から水分を取り込む植物です。
お部屋のインテリアとして近年人気がある様です。


こちらはお花売り場にて販売もしておりますので是非ご覧ください。


さて、園内では熱帯睡蓮が見頃を迎えています。





約1500株の水辺の妖精たちが園を彩ります。
朝から夕方までお花は開いているので何時に来てもご覧いただけます。





バラやクレマチス。





控え目でも存在感のある宿根草。
今だから見られる、そんな植物たちを是非探してみてください。


ただいまあしかがフラワーパークではホームページからアンケートにお答えいただくと入園無料のキャンペーンを実施中です。
詳しくはこちら


本格的な夏が始まります。体調管理には十分お気を付けくださいませ。
お越しの際には、貸し傘などもご用意いたしておりますので木陰で休みながらゆっくりとご散策ください。


たくさんの花々とスタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。



長雨を乗り切ったベコニア!


 
トップにもどる