スタッフ日記

スタッフ日記

2019.11.25

ついに大台!500万球の光の花の庭!

皆様こんにちは!パーク管理部の荒巻です。久しぶりの更新となってしまいましたが・・・

「フラワーファンタジー2019 光の花の庭」元気に営業中です!

今年も新たな光の作品がたくさん増えました!

まずは1番の見所と言っても良いでしょう・・・こちらの作品を紹介致します。



「光のふじのはな物語」です!

「うす紅、紫、白、黄」。春には当園を彩る藤たちですが、見頃の期間が少しづつ違います。

そんな4色の藤たちを同時にお楽しみ頂けるのが最大の魅力です!



そしてこの水鏡・・・光りに包まれる様な感覚です。



より本物の藤の花を感じてもらう為に、藤の花弁を模したキャップを1球1球心を込めて取り付けました!

4色に煌めく光の藤の花は必見です!是非ご覧ください!



更に近くの水辺では美しい光と共に噴水ショーをお楽しみ頂けます!


続いてこちらも新作の「生命の樹」です!



1本の大木の生命力に様々な生き物たちが吸い寄せられる・・・



そんな樹の力強さを表現した作品になっております。



蜂、蝶、クワガタムシなどの昆虫たちがいきいきと活動している様子が楽しめます。

他にもたくさんの生き物が生息しているので探してみてくださいね!


生き物がテーマの作品と言ったらこちらも忘れてはいけません!



「みんなの地球」です!今年リニューアルし、地球に様々な仕掛けが施されています。

可愛らしく動く生き物たちに癒されてください。

また、このエリアを作品を象徴する船「地球号」も新たな装いで登場しました!



是非船の上で記念の写真を撮影してくださいね!


更にこちらの作品もリニューアル致しました!「天空のお花畑と天の川」です。



織姫と彦星の仲睦まじい様子を光で表現しております。

たくさんのお花と流れ星に包まれる天の川はとても幻想的です!


他にも紹介しきれない程の作品たちがたくさんあります。



「フラワーキャッスル」 当園のイルミネーションを代表する作品です!

お城のスケール感に圧倒されてください!



「光のバラ園」 360°光のバラに囲まれる事のできる夢の様な空間です。

まだまだ本当にたくさんの作品がありますが、今回はこの辺で・・・


そして一足早くクリスマスイルミネーションの準備も始まっております!



この時期にしか展示されない作品もありますのでぜひお早めにお越しください。


当園のスタッフがひとつひとつ心を込めて作り上げたイルミネーション。

園内中が煌めく光で彩られております。心に残る作品が必ずあるはず!


皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

次の記事
2019.11.20

夢への道のり

こんにちは

イルミネーション班です。

10月26日に開始予定でした「光の花の庭」の開催が遅れてしまい
大変なご迷惑をお掛け致しました。

この場をお借りしてお詫び申し上げます。

10月12日の夜から13日にかけての台風19号によって、
園内の大部分が冠水するという被害となってしまいました。

イルミネーション開始まであと2週間という中で、スタッフ一同最終の仕上げに向けて
奮闘している中での災害でした。

見る見るうちに水かさが増し、イルミネーションも救えるものは救おうと懸命に
対応しておりましたが、成す術がなく、ただただ、見ていることしかできませんでした。

「今期はダメかもしれない・・」

夜の空には、綺麗な月が輝き、水面を照らしていました。

昨年の作品、レインボーマジック(未来への架け橋)への想いを
自らにおきかえて、込み上げる気持ちをおさえていました・・


夜が明け、冠水した水が引くのを待って
私たちは動くことを決めました。

「1球でもひかるのなら、1つでも気持ちが届けられるのなら
 点灯しようと」

電気もないまま、現状がどうなのかもわからない中、電球の取り付けを
再開しました。

発電機を借りてひとつひとつ乾燥させ、ひとつひとつ水洗いし、丁寧に作業を進めました。

「点いた!」

この一つの光が、私たちに希望を与えてくれました。

そこからは無我夢中で復旧を進めました。

一日でも早く、この光りを届けたい


11月2日  昨年と同じだけの光りを灯すことができました。

点灯式は行わず、静かにひとつひとつに明かりを灯していきました。

その明かりを見てくださるために、たくさんのお客様がご来園してくださいました。

光りを見上げるお客様の顔を見ていて、
大変お待たせしてしまった想いと、
こんなにもたくさんの方々が待っていてくださった想いを感じ
込み上げる気持ちを抑えることが出来ませんでした。
感謝の想いでいっぱいでした

ただ、この時点では、新しい作品は出来ていませんでした。

その後も、作業は続き、

11月16日にやっと完成することができました。

今年の新しい作品

「光のふじのはな物語」です

園内で一番、西に位置する大藤棚を使った作品です。

今回、この場所が一番冠水がひどく180cmの高さまで水が上がりました。

この大藤が無事であったことが私たちのがんばる気持ちにつながりました。

当園は春に4色の藤の花が咲き、

その4色の藤の花を1本の大藤で再現した作品となります。

私たちにとって、その共演は夢のようで
楽しみにしていました。

この私たちの夢を
皆様にも届けさせていただけること

たくさんの応援をいただいた感謝の気持ちをこの光りに乗せてまいります。

まだまだ、災害により大変な想いをされている方々も多くいらっしゃいます。
心より、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早い復旧をお祈り申し上げます。


一つの光りが 希望の光り 心の光りとなりますように


 
トップにもどる